顔が良いわけでもないのに、何故かモテる人っていますよね。

かっこよく見える話し方や仕草、女性を虜にする恋愛テクニックなどについてご紹介します。

■モテる男が使う恋愛心理テクニック【その1】

●コールドリーディングでモテる男に

コールドリーディングというのは相手の情報を自分の思うように引き出すためのテクニックのことを言います。 コールドリーディングを上手に使うことによって相手が今何を考えているのか、自分にとって都合の良い方向に持っていくためにはどうしたらいいのかといったことを瞬時に理解することができるようになります。 「そんな魔法みたいなテクニックがあるわけが無い!」と思う人もいるかもしれませんが、実際に恋愛などに使われているだけでなく、占い師や詐欺師、マジシャンといった人たちも利用している実績のあるテクニックです。 例えば、占い師の人が「あなたはこういう経験をしてきましたよね?」と突然その場で言ってきたとします。 もしもそれが的中していたら「すごいなあこの人は!」となりますよね。

そしてそのあとに続く言葉を鵜呑みにしてしまいがちです。 このように、コールドリーディングというのは誰でも使うことができるものではありませんが、ちょっとしたコツと練習を重ねることによって誰でもできるようになります。 モテる男になるためにコールドリーディングを習得するだけでなく、ビジネスの場においてもコールドリーディングは非常に有効なテクニックですのでぜひマスターしていきたいところです。

●ダブルバインド

ダブルバインドは代表的なコールドリーディングテクニックの一つです。 実際に、ビジネスの場などでよく利用されています。 ダブルバインドの内容を簡単に説明すると、二つの状況を説明して、どちらかを選択しなくてはならないような状況を作り出す、というものです。 ちょっと分かりにくいですね。 具体的な例を紹介してみます。 例えば、お腹が減っているため食事を取りたいと考えています。 その時に、そば屋さんから「冷たいざるそばと温かい月見そばがあるよ!」と言われたら、「ざるそばもいいけど温かいそばもたまにはいいよね」という気分になります。 つまり、選択肢を与えられることによって「断る」という選択肢が消えてしまうわけです。 これがダブルバインドですね。

これを恋愛に当てはめてみましょう。 食事に一緒に行きたいと思っている女性がいたとします。 その人に「よかったら今から食事に行かない?」といったら、相手からすると「食事に行くor行かない」のどちらかを選択することになります。 そこでダブルバインドを使ってうまく一緒に食事に行くためには次のような例が考えられます。 「お腹が減っているんだけど、中華かイタリアンかどっちか食べに行かない?」 といってみましょう。 そうすると女性は「中華」か「イタリアン」のどちらかを選ばなくてはならないと思い込んでしまいます。 その結果、「じゃあイタリアンで」となるわけです。

そんなに都合よく行かないでしょうと思う人もいるでしょうね。

ですが、ダブルバインドは「自分で選択肢を選んだ」という感覚を持つため

強制されたような気持ちにはなりにくいという特徴があるんです。 だから詐欺師の人が好んで使うわけですね。 さらに、ダブルバインドを使って自分の思うように持っていくためには次のような使い方が考えられます。 もしあなたが狙っている女性に対してダブルバインドを使うつもりで、さらに選択肢の難易度が高く、いくらダブルバインドを使ったとしても断られてしまう可能性がある時などに有効です。 ポイントとしては、断られることを前提とした選択肢(A)と、本命の選択肢(B)を用意しておくこと。 ただ単純に、その女性と食事に行きたいだけであれば

「今度の日曜日、旅行に行くか(A)ご飯食べに行かない?(B)」 と話し掛けてみましょう。 もしも、そこまで親しい仲でないのならどちらも断られる可能性があります。 ですが、Aの旅行に行くというのはまずありえない話です。 しかし、Bの食事に行く、というのはまだありえる話です。 そこで女性としては「食事ならいいよ」となるわけです。 もちろん、あまりにも飛躍した選択肢を用意してしまうと「何言ってるんだこいつは」と思われてしまうのがオチですのでそのあたりの感覚はいろいろと試してみて掴んでみましょう。

●イエスセット話術

イエスセット話術は自分の意見を強引に進めたいときなどに利用することができる

コールドリーディングの一つです。 モテる男の中でも「押しが強いヒト」がいますよね。 この人は無意識のうちにイエスセット話術を使っているのかもしれません。 イエスセット話術というのは、相手に肯定的な発言(イエス)を連続させた後に、自分が「イエス」といって欲しいことを意図的にまぜる、というもの。 例えば、 「朝ご飯食べてきた?」 「食べたよ(イエス)」 「毎朝食べてるの?」 「食べてるよ(イエス)」 「朝食べ過ぎるとやっぱり元気が出るよね」 「そうだね(イエス)」 「今度一緒に朝ご飯食べに行こうよ」 「いいよ(イエス)」 と言った感じでしょうか。

要するに、話の流れの中で「イエス」と言わせやすくするためには、ずっと同じようなリズムで同じような内容を繰り返すことが有効なんです。 この例えで言えば、食事に誘いたいけれど、スムーズに食事に誘うためにイエスセット話術を使ったと考えられますね。 イエスセット話術は相手のことを知っていれば知っているほど使いやすくなるコールドリーディングの一つですので、きちんとリサーチなどを行うことと、相手の話をしっかりと覚えておくことが大切です。

モテ術の基本

モテるための知識

男は女より体臭がキツイ。正しい体臭ケアを!
適度に筋肉と、しっかりとした体つきはモテる!
話し方一つで印象は大きく変わるものです。

モテるための応用

スポンサードサーチ